知っておきたい!がんについての基礎知識!

怖い病気であるがんとは

がんの病は、正常な細胞の一部ががん化して、がん細胞が増え続ける事で、組織を破壊して生じる病で、放置しておくと生命を脅かす怖い病気なのです。今や珍しい病気とは言われず、誰もがかかる可能性が高いものとされていますよね。がんの種類には、多種多様あり、がんの場所や大きさや広がり、深さなどの状況を基準に進行度を概ねステージ1から4の段階に分類され、数字が上がるに従い進行度が高くなるのです。ゆえに、ステージに応じた治療が必要になりますね。

がんの効果的な治療法!

現在の医療技術の進歩により、がんの治療法もがんの種類や症状や状況などにより、がんを切除する手術から抗がん剤投与などの薬物治療、放射線治療などが単独あるいは、いくつかを組み合わせた方法で、なるべく体に負担が掛からない治療法で施されます。また、最近では、特殊な技術の先進医療も注目されていますが、それなりの設備が必要な治療のため、高額な治療費も掛かり、設備の整った医療機関も限られるものです。治療法は、医師と相談して慎重に決められる必要があります。

がん予防!生活習慣と定期診断から

がんの要因には、はっきりとは解明されていないものの、いくつかの要因が重なり合い、正常な細胞が徐々にがんに侵されていくと考えれています。そこで、がんのリスクを低下させるためにも、バランスの良い食生活や禁煙、適度な運動、ストレスをためないなど、生活習慣を整える事が大切です。がんは何よりも早期発見が重要で、小さいがんであれば、体の負担も少なく治療が出来るものです。そこで、定期的に診断をされる事をぜひお勧めしたいものです。

がんが転移してしまうのは、人間の臓器には全身の血液やリンパ液が流れているため。がんが出来れば、出来た臓器とは別の臓器に血液やリンパを通して転移してしまう。