エステ気分で!?歯科の健診は身だしなみのうち!

歯科検診は定期的に行くのがコツ

歯医者さんが嫌いな人は多いですよね。好きだと言う人のほうが少ないかもしれません。でも、だからといって歯科検診をさぼっていると歯だけでなく歯茎なども悪くなり、よけいに治療に時間とお金がかかってしまいます。そうならないためには定期的に行くのが何よりのコツなのです。半年に一度通っておくだけで、毎回の処置も簡単に済みますし、見えない歯の異常も早期発見してもらえます。もし虫歯になっても、早期発見なら軽く削るだけで治療が終わるのも安心です。

そうは言っても、歯医者が嫌い…

歯医者が嫌い、という人は、その歯医者と相性が悪いのかもしれません。一度ネットで近所の歯医者さんを検索してみて、口コミのいいところに乗り換えてみるのもいいでしょう。最近では歯医者さんもホスピタリティに気を遣っているところが増え、患者さんに対してあたりがいいところも多いです。気持ちよく通えるところが必ずあるはずなので、相性のいい歯医者さんを見つけておくのも今後のためにおすすめです。愛想が悪い、治療がへた、などと感じるのなら、思い切って変えてみましょう。

エステのつもりで通ってみる!

歯医者を歯医者と思わず、エステ感覚で通ってみると長続きします。笑ったときに歯の黄ばみが気になって、口に手を当てたりしていないでしょうか。歯肉がはれて、臭いが気になったりはしていないでしょうか。思いきり白い歯で笑うために、歯のエステのつもりで健診に行きましょう。自信を持って笑えるようになると、だんだん歯医者さんに行くのが習慣になります。そしてこのケアは年をとってから差が出るので、エステと同じくらい投資する価値がありますよ。

根管治療における大きなメリットは、治療によって歯の痛みが解消される上、抜歯を行う必要がなくなるという点です。